【ナンパ】は超頑張れば誰にでも出来る

【ナンパ】は超頑張れば誰にでも出来る

 

街中で女性に声をかけ接触して、仲良くなる事が目的のナンパ。

 

あたかも一般常識的なレベルを超越した離れ業のように思えますが、実は誰にでも出来る行為なんです。

 

 

例えば、今目の前に女性が居るとします。

 

その女性をナンパしたら(成功不成功は問わず)100万円手に入ると言われれば大抵の人はやるでしょう。

 

もっと大げさに言えば「その女性に声をかけなければ死んでしまう」って状況ならマッハでナンパするでしょう。

 

 

このように、単に声をかけるってだけなら理論上だけで言えば誰にでも可能なんです。

 

 

本気でやろうと思えば大抵の人はナンパが出来てしまうんですよ。

 

つまり、声をかけられないって事はそれだけ願望や必死さが足りてないって事。

 

「どうしてもオナゴと遊びてぇ」って気持ちがまだ足りていないのです。

 

 

 

誰でも出来る、その意味について。

 

記事タイトルを見て

 

「ナンパってそんな簡単に出来るんだ」

 

こう思った人はいないだろうか。

 

 

否、そんな簡単にはいきません。

 

たまに始めて間もなくあっさり成果を叩き出す天才もいますが、それはごく稀です。

 

ナンパの天才型。顔やトークよりも【才能】を感じさせるものって記事でも書きましたが、普通の人は街中ナンパなんか抵抗あるし、声なんかかけられない。

 

 

ならば何故「誰にでも出来る」なのか。

 

それは実行するだけなら誰でも可能という意味です。

 

 

仮にピストルを突きつけられて「若い女に声かけてお茶行こうぜと言いなさい、さもなくば撃つ。」

 

こんな状況化であれば、恐らく大抵の人間が従うでしょう。

 

 

ほら、実行ってだけ見れば可能でしょ。

 

これが本当の意味で「誰でも出来る」ってことです。

 

 

 

ナンパが出来る様になったら

 

もちろん、「出来る」からと言って成功するもんでもありません。

 

と言うか失敗がほとんどです。

 

 

出来ても成功しないんじゃ意味が無い?

 

そんな事はありません。

 

 

ほとんど失敗ってだけで、絶対失敗ではないのです。

 

ごく一般的な身なりの男性が丁寧な声かけを数こなせばいずれはナンパ成功するでしょう。

 

 

その成功に至るまでの重要な第一歩であるナンパの実行、それが出来る出来ないでは天と地の差があります。

 

 

実行さえ出来れば後は成功するまで声をかけ続けるのみなんですよ。

 

そこからは根気の戦いです。100人でも200人でも声をかけ続けましょう。

 

 

その過程でテクが身に付いていき、成功率は上がっていくのです。

 

 

まとめ

 

まずはナンパ出来る男になろう。

 

成功せずとも、とりあえず女性に声をかけられる。

 

その状態になれば「ナンパが出来る男」を名乗っていいでしょう。

 

そんな「ナンパが出来る男」になったら、次は「ナンパが成功する男」を目指しましょう。

 

 


 

 

関連ページ

普通の男はあっさりナンパなんてできない
ナンパで声をかけ、何を話せばいいのか。
ナンパ成功率アップの為に抑えておくべき簡単なポイント
ナンパをするには【ブサメン】でも大丈夫なのか?
【ナンパ成果】と己の肉体の関連性について
ナンパに特化した肉体作りにオススメな方法。
【ゴリマッチョ】と路上ナンパの相性についての考察。
ナンパの成功率は時期によって大幅に変動する
ナンパにおける【テンション】の重大性について。
【ナンパ成功法】や理論を取り入れる際に注意すべきこと
ナンパをする時に持っておいた方がいい便利な小道具たち
童貞からナンパを始めるなら、それが女にバレてはならない。
【ナンパ】実践の様子を収録した動画を見て参考にしよう
【ナンパ】で思わぬトラブルになる事も、その対処法とは。
【男の三大欠点】、チビ、デブ、ハゲがモテに及ぼす影響。
【ナンパ】に行く気力が湧かない時に気合い入れる方法
ナンパには【行かないほうがいい日】も存在する。
【ナンパ】初心者に伝えたい、身を滅ぼす【危険行動】
【ナンパ】の声かけにおいて【誠実さ】など不要。
【ナンパ】するなら【オタク】趣味は隠した方がいいのか。
【毛深い】事でモテに及ぼす影響について。
【ナンパ】をするなら、血と汗と涙をながせ。
デブの人がナンパ始めるにあたり【痩せる】必要は無い。
ガリガリコンプレックスで女性に対して億劫になってしまう人へ
ハゲの人は包み隠さずナンパで光り輝こう。
ナンパで【破滅しやすい人種一覧】これが当てはまったら注意。
ナンパをやり過ぎると【ファントムペイン】発症の可能性が。
【カラテカ入江氏】の【ナンパテク】はあまり参考にならない。

メニュー