【納豆】の【効果】を最大限に引き出す食べ方とその効果について。

【納豆】の【効果】を最大限に引き出す食べ方とその効果について。

 

林ススムの今でしょでやってた納豆の効力を最大限に引き出す食べ方をまとめてみました。

 

健康にいい納豆ですので、どうせ食べるならその栄養素をより引き出して食べましょう。

 

 

目次

 

・混ぜる回数について。

 

・タレを入れてから混ぜるか、入れる前に混ぜるか。

 

・アツアツご飯か冷ましたご飯のどちらにかけるのがいいのか。

 

・朝か夜どっちに食べるのがいいのか。

 

・冷蔵庫から出してすぐに食べるか、出してからしばらく頬いておくか。

 

・栄養を損なうNGトッピング。

 

・血管にいいトッピング。

 

 

 

 

混ぜる回数について。

 

50回程度がベスト。

 

医師曰く混ぜるのが非常に大事だそうな。

 

 

なぜよく混ぜるほうがいいのか。

 

よくかき混ぜる事で糖とタンパクが増える。そのおかげでナットウキナーゼが胃酸で溶けてしまうのを防いでくれる。

 

・ナットウキナーゼとは

 

血球が血栓になるのを防いでくれる菌である。
納豆のネバネバした部分に含まれている。

 

・血栓とは

 

血球が固まったもの。血管に蓋をしてしまい、血流を悪くする。

 

 

また、納豆のネバネバ成分が花粉症や風邪対策にもなる

 

 

 

 

タレを入れてから混ぜるか、入れる前に混ぜるか。

 

入れる前に混ぜましょう。

 

タレを入れてから混ぜるとネバネバ成分が剥がれてしまい、ネバネバ部分にある栄養素やナットウキナーゼやが損なわれるんだとか。

 

めんどくせーからタレ入れてから混ぜるンゴ。

 

って人もいると思うけど、そんな人にもタレの後入れをオススメしたい。先に混ぜてから入れた方が旨み成分が増すので美味しくいただけます。

 

タレを入れる前に混ぜた方がいい理由。

 

先にタレを入れてしまうと、納豆の周りを覆ってる白い部分がタレで流れ落ちてしまい、かき混ぜても粘りが出なくなる。

 

タレによって流される前にしっかりと混ぜてからタレを投入するといい。また、白い部分がたくさんの酵素とうま味成分を含んでいるので後からタレを入れるとより美味しくなる。

 

 

 

 

アツアツご飯か冷ましたご飯のどちらにかけるのがいいのか。

 

冷ましたご飯の方がいい。

 

個人的にはアツアツが苦手なので嬉しいのだが、アツアツご飯が好きな人も多いだろう。だが栄養的には熱を加えないほうがいい。

 

ナットウキナーゼは熱に弱い。50℃で活動が鈍くなり、70℃を越えるとほぼ機能を失う。

 

炊きたてご飯は80~85℃くらいの温度があるので、そのままの状態で乗せると触れた部分のナットウキナーゼはやられてしまう。ご飯に限らず熱いものと混ぜるのは避けるべし。

 

 

 

尚、アツアツでも生き残る栄養素もあるので食べる意味がなくなるわけではない。

 

脂っこいもんとか食うよりは余程いいでしょう。

 

 

 

 

朝か夜どっちに食べるのがいいのか。

 

夜に食べるのがいい。

 

血管の詰まりの原因となる血栓は寝ている間に出来易いので、それを防ぐためにも寝る前に納豆を補給しておくといい。

 

 

 

朝と夜どちらも食べるのもアリだが、一日二つまでに留めておきましょう。

 

納豆を取りすぎると納豆菌によって体内の他の菌がやれらてしまうそうです。

 

 

 

 

冷蔵庫から出してすぐに食べるか、出してからしばらく頬いておくか。

 

冷蔵庫から出してしばらく置いてから食べる。

 

20~30分くらい置いておくといい。

 

常温に置くと発酵が進みナットウキナーゼが増える。

 

 

 

 

冷凍保存はアリ。冷凍中は菌が活動を停止するが、やられはしないのでOK。

 

食べる際には前日に冷蔵庫に移して解凍すべし。

 

 

 

 

栄養を損なうNGトッピング。

 

生卵。

 

卵白によってにビオチン(肌をキレイにする成分)の吸収が妨げられてしまう。卵黄のみなら問題ない

 

尚、卵白のほうも熱が加わっていればビオチンの吸収を妨げることはないので温泉タマゴなら問題なし。

 

 

 

 

 

血管にいいトッピング。

 

ネギ。

 

ネギに含まれるアリシンとい成分にも血栓を防ぐ成分が含まれている。ナットウキナーゼとアリシンのW効果でより血栓を防げる。

 

 

 

チーズ。

 

チーズのラクトトリペプチドという成分が血管をしなやかにする効果に期待がある。この成分とナットウの血管の老化を防ぐ機能の相性がいい。
…しかし納豆にチーズって味はどうなんだろ…。

 

 

 

尚、ネギとチーズを両方入れるとより効果大。

 

 

 

ポイントまとめ。

 

最後に納豆の効果を引き出す食べ方の要点をおさらいしておきます。

 

 

・冷蔵庫から出して20~30分間常温に置く。

 

・タレを入れる前に50回程度混ぜ、その後タレを投入。

 

・卵白は混ぜないほうがいい。

 

・ネギとチーズは相性がいい。

 

・夜に食べるのがベスト。

 

・朝と夜食べてもいいが一日二食までに留めておく。過剰摂取は逆効果。

 

 

ブックマークして随時チェックするといいでしょう。

 

 

 

以上となります。

 

健康効果と美味しさをアップさせたよい納豆ライフを。

 

 

 

関連ページ

【マッスルプレス】買って着てみた感想。
プロテインを飲むだけで痩せる楽々【ダイエット法】
試しに【鼻毛】を切らずに二ヶ月伸ばしてみた結果。
【ヒゲ脱毛】について。やって良かった事とかの感想
脇毛(ワキゲ)があって得することなど何一つない
テニスは痩せないので【ダイエット】には不向き。
【筋トレ】は効果絶大だけどつまらない。少しでも楽しく行う方法。
痩せてる奴の【ダイエットしたことない】は九割がハッタリ
24時間営業のフィットネスに【深夜】に行ってみた感想。
【痩せの大食い】が太らない理由についての考察。
血管が切れる恐れのある筋トレベスト4。
ベンチプレスはどこまで下げればいいのか。またその効果は。
【柔軟性】が無い人が【デッドリフト】を行う際に注意して欲しい点。
【ディップス】は大胸筋の形が悪くなるのであまりやらない方がいい。
【おっさん】が【筋トレ】の結果を晒したくなる心理について。
【群発頭痛】を【解消】するには【ラジオ体操】が最適。
【握力】を鍛える事で【血管年齢】が若返る。そのメカニズムについて。
美容院や床屋のシャンプーしてもらってる時に頭を上げるべきか。
美容室で【ヘアアイロン】にて【火傷】を負わされた際の対処法。

メニュー