ナンパ男のテレビゲーム感想ですよ。

【ポケモン剣盾】プレイ日記4日目。エンジンシティ潜入から散策まで。

ポケモンの新作である剣盾のソードの方をプレイしていこうじゃないか。という日記である。

 

 

4日目。ワイルドエリアを抜けてエンジンシティに潜入し散策までを記載しております。

 

ネタバレを含むので先の展開を知りたくない人は閲覧注意です。

 

 

 

 

 

ワイルドエリアでの寄り道が過ぎた。

 

ちょっくらワイルドエリアでフラフラしすぎて時間がかかってしまう。

 

 

そびえたつギンギン丸に次々と突っ込んで行くお盛んガール。

 

 

ぶっとくてカタいの求めた結果、5体ほどデクの坊とお相手することに。

 

 

しかしこんなヤツらと戦ってても無駄だと気付く。こんなモン放置して話を進めた方が良さげ。

 

 

 

着ぐるみのおぢさんにホイホイ近づく。おそらく中身は50代メタボのハゲオヤジ。

 

 

追いかけまわされる。生憎キモメンシュチュエーションはお断りなんでな。

 

 

 

人力で大木を揺らしゴロゴロと木の実を落とすゴリラネキ。

 

 

などなど、無駄な事をしていたらプレイ時間が3時間突破してしまう事に。こうだだっ広いとつい要らん事してしまいがち。

 

さっさと進めるべ。

 

 

 

進化縛りで進めようと思う。

 

無駄な事やってて早くも進化しちまったが進化後があんま良さそうじゃなかったので進化ストップ。

 

 

小便しているヤツを背後からびっくりさせておしっこ止める気分に似ている。良い子はマネしたら(アカン)

 

進化後の画像はネタバレになるので乗っけません。見たくないって人も居ると思ので。これがモテ男の気遣いと言うヤツだ。いや、これくらいの気遣いは別に普通ですな。

 

youtubeのサムネとかもそうなんだが、どうしても目の当たりにしてしまう所にネタバレ画像ぶっこむのは如何なもんかと。ネタバレ嫌がる人なんてゴマンといるだろうに。

 

 

 

エンジンシティに到着。

 

到着ゥ!

 

 

っしゃ入るべ。

 

 

 

 

ポケットモンスターは大きくなったり小さくなったり大変だ(意味深)。特に冬なんかは小さくなるのだよ。

 

 

 

街中とかで遠くからでっかい声で呼んでくるヤツはどうかと思う。リアルでも一定数居るよねこういうヤツ。

 

 

 

さも「こっちに来い」なスタンス。何様のつもりなのだろうか。

 

 

 

「私が呼んでるんだからさっさと来い」とでも言いたいのだろうか。

 

普通、用がある側から接近して話しかけるのが礼儀だと思うのだが。

 

 

 

道案内は結構、自力で散策した方が早い。

 

 

 

見つからない様にスルー出来ないものだろうか。

 

 

 

クソッ、捕まった!

 

小さな親切、大きなお世話とはこの事。

 

 

 

チャンピオン スタイル?

 

ポケモンゲットの際に初手でモンスターボールを投げたチャンピオン スタイルの捕まえ方。

 

 

この捕まえ方がクソだと判明。

 

 

 

やはり今作でも体力を削ったりした方が捕まる模様。あのマントシール野郎ウソつきやがったぜ。信じられんな。

 

 

と思ったらこんな情報が。

 

 

 

どうやらヤツは剛速球による力技で無理やりねじ伏せて捕まえていたらしい。

 

つまりターン初手でのモンスターボールゲットは、常人にはマネできんがヤツにとっては最も手っ取り早い手法という事だと考えられる。名選手名コーチにあらずと言った所か。

 

チャンピオン(にしか出来ない)スタイルと言う意味で言えばヤツの言ってる事は正しかった様だ。

 

 

 

主人公魔改造。

 

ダンディサロン発見。漢を磨く。

 

 

 

変な髪型にされたらヤバいのでレポートを。

 

 

 

無責任極まりないアドバイス。もし失敗しても何の責任も取ってくれないだろう。

 

 

 

こちらの世界観を否定するかのような言い草、初対面にも拘わらず失礼極まりない。

 

 

怪しい勧誘にも聞こえるのだが。

 

 

 

ロンゲにしたけどなんかコレジャナイ感。つかどうやって伸ばした。

 

 

お次は顔面魔改造。

 

 

ふとまゆは個人的にはイマイチ。

 

 

 

「ほそまゆ」と記載されているが短いだけで細くない。

 

 

 

催眠状態。

 

 

か~ら~の、

 

 

闇落ち。

 

先ほどの着ぐるみオヤジのせいだろうか。

 

 

 

目がバーニング。面白いのでコレにしようかちょっと迷ったがやっぱやめとこう。

 

 

2018年くらいから流行ってる太眉赤リップメイクって可愛くないと思うのだが。

 

太眉赤リップ

すっぴん

 

ナチュラルと比較するとやっぱモッサリしてて好きになれん。

 

原点回帰。シンプルイズベスト。

 

 

 

 

髪色だけプラチナブロンドからホワイトへと変更。

 

 

色々弄ったものの結局微細な変化。やっぱナチュラルが一番。

 

ビフォー

アフター

 

この位のイメチェンに気付いてホメてあげることが出来たなら相当のモテ男だ。

 

 

ついでに服も新調。

 

 

更に”黒に染まる”。よりメンズナックルっぽさを出せているが、上下柄なのでちょっとうるさい感じがしなくもない。

 

 

 

赤チェックはV系っぽい。こっちも柄×柄でやかましくなっている気がしなくもないが個人的にはアリかと。

 

 

 

もっともらしいご高説を垂れているが、少なくとも壮年の男性が来る様な店では無い事だけは確か。

 

 

 

シナリオ進めるわよ。

 

ダンディサロンとしま〇らで時間潰し過ぎたのでいい加減先に進む。

 

 

 

ポケモンが動く方がよほど恐ろしい。モルフォンとかがリアルに居たら地獄絵図だろう。

 

 

 

鳴き声だけで誰か分かる。

 

 

自称170㎝のリザードン。なんでちっこいヤツってこぞって170㎝ってサバ読むんだろ。

 

 

すげぇ、こんな些細なイメチェンに気付いたよ。

 

 

 

 

 

チャンプよ、多分最初から使いこなせる。持たせるだけだから。

 

 

 

 

昇降機に乗る位できるっちゅーねん。ガキじゃあるまい。

 

 

と思ったら尋常じゃない速度で一瞬で駆け上がる。

 

 

想像を絶する速度に戦慄が走る。先ほどのおばちゃんが機械怖いって言ってたのも頷ける。

 

チャンプの忠告通り、きちんと乗ってなきゃ吹っ飛ぶレベル。乗ってみれば彼が念を押した意味が分かる。ってかリアルにこのスピードで上昇したら人体破損するレベル。

 

 

 

またもやホップ。

 

通行止めは良いんだが、

 

 

通行止めの口実も雑になってきた様子。

 

 

突拍子もない自分語りをするモブ。主人公が反転するのは関わりたくないという意思の表れだろうか。

 

 

 

いたか…。

 

 

 

見りゃわかる。

 

 

 

オレの心は貴様へのイラだちで震えているよ。

 

 

 

その自信はどこから来るのか。

 

 

ちょっと一人旅を満喫できるかと思いきやホップの顔見てテンションが下がったので今日はここまでにします。

 

つづく。

 

 

 

関連記事

【ポケモン剣盾】プレイ日記1日目。オープニング~ショタガキ成敗まで。

ポケモンの新作である剣盾のソードの方をプレイしていこうじゃないか。という日記である。1日目。オープニングから初戦闘勝利までを記載しております。ネタバレを含むので先の展開を知りたくない人は閲覧注意です。...

≫続きを読む

【ポケモン剣盾】プレイ日記2日目。お下品ダイマックス小僧。

ポケモンの新作である剣盾のソードの方をプレイしていこうじゃないか。という日記である。2日目。ヒツジのオイタから通信交換可能になるまでを記載しております。ネタバレを含むので先の展開を知りたくない人は閲覧...

≫続きを読む

【ポケモン剣盾】プレイ日記3日目。梅雨空けてないじゃないっすか!

ポケモンの新作である剣盾のソードの方をプレイしていこうじゃないか。という日記である。3日目。通信交換可能になった時点からとても強そうなポケモンにボコられるまでを記録。ネタバレを含むので先の展開を知りた...

≫続きを読む

【ポケモン剣盾】プレイ日記4日目。エンジンシティ潜入から散策まで。

ポケモンの新作である剣盾のソードの方をプレイしていこうじゃないか。という日記である。4日目。ワイルドエリアを抜けてエンジンシティに潜入し散策までを記載しております。ネタバレを含むので先の展開を知りたく...

≫続きを読む

【ポケモン剣盾】プレイ日記5日目。チラーミィ探しに手間取った。

ポケモンの新作である剣盾のソードの方をプレイしていこうじゃないか。という日記である。5日目。エンジンシティの会場受け付けから始まり、エール団なる妙なパンク集団を粉砕するまでを記載しております。ネタバレ...

≫続きを読む

【ポケモン剣盾】プレイ日記6日目。洞窟内でヒツジ頭撃破。

ポケモンの新作である剣盾のソードの方をプレイしていこうじゃないか。という日記である。6日目。エンジンシティ出てからターフタウンに到着するまでを記載しております。ネタバレを含むので先の展開を知りたくない...

≫続きを読む


メニュー