【スーパーマリオオデッセイ】感想。こいつァ神ゲーだ。

【スーパーマリオオデッセイ】感想。こいつァ神ゲーだ。

 

任天堂のスーパー【スーパーマリオオデッセイ】の本編をクリアしたので感想を記載します。

 

記事タイトルの通り神ゲー、まだ手にしていない人にはぜひプレイして欲しいと思う作品です。

 

 

 

凄まじく楽しめたので今作の魅力について語りたいと思う。

 

 

 

 

 

アクションが豊富。

 

従来のマリオシリーズはシンプルな横スクロールのアクションゲームなのだが、今作は過去に出た64版の様な3Dマップ仕様となっている。

 

更に敵キャラに憑依する事により、その能力で破壊の限りを尽くしたり、疾走感溢れる高速移動をしたり。

 

 

 

3D移動系のアクションのみならず、その場その場で色々なアクションが出来るので常に新鮮味を味わえるのが嬉しいところ。しかもその一つ一つのクオリティもとても高い。

 

これによりマンネリ一切無し、というか一回やり出すとなかなか中断出来なくなるね。

 

 

 

ちょっとネタバレだが、恐竜や戦車にも憑依できてしまう。

 

さらには従来の2Dマリオがプレイ出来る場面も備わっているという素晴らしいサービス。

 

 

 

男友達で例えれば、会うたびに素敵な女性を紹介してくれる超絶有能リア充と言った所か。

 

 

 

 

各キャラのリアクションが面白い。

 

マリオを含め、各登場人物のリアクション芸がとても面白みがある。

 

どのキャラも踏みつけたり帽子をぶつけたりすると見れるので是非やってみましょう。

 

特にマリオが溶岩でケツをあぶってしまった時のリアクションは必見。

 

 

 

リアル等身の人間が点在しているのもシュールで面白い。

 

もちろん彼らも踏みつけ可能。

 

 

 

 

絶妙な難易度がイカす。

 

ゲームによってまちまちとなる難易度ですが、今作品ではその難易度が高すぎず低すぎずの調度いい感じで設定されている。

 

ゲームオーバーにならないヌルい仕様かと思いきや、ちょっと頑張らなければクリア出来ない玄人好みの場面もある。決してヌルくはない。

 

 

 

いやらしい理不尽さは一切無いんだけどやり応えは十分といった感じ。これ難易度の設定としては完璧なんじゃないかなと個人的には思う。

 

難しくて出来ないというアクションが苦手な人向けに【おたすけモード】なるものがあり、幅広い層が楽しめるという点も素晴らしい。

 

 

 

 

背景のクオリティがドえらい事になっている。

 

現実で見る絶景よりも上回っているんじゃないかという超クオリティ、フルスペックハイビジョンである。

 

端末モードでも味わえるが、テレビモード接続モードの方がより感動モノです。

 

 

 

 

まとめ

 

アクションゲームが嫌いでなければ間違えなくやっておくべき作品。

 

よっぽどアクション嫌いでなければまず買って損はありません。

 

 

 

 

 

 

ソシャゲに同額課金するのとは比較にならないくらい楽しめます。

 

 

 

 

 

 

 


メニュー