サイト記事の九割が【捨て記事】で上等でした。

サイトページの九割が【捨て記事】で上等でした。

 

サイト生産してると書いても閲覧されることがほとんどない記事も出てくる。

 

いわゆる捨て記事というやつですな。

 

 

 

だが別にそれは仕方がない事だと自分は思っている。

 

サイトやブログを制作したら誰の目にも触れずに眠る記事があっても仕方ないという個人的な開き直り。そんな内容。

 

 

 

 

捨て記事が出るのは仕方がない。

 

誰の目にも触れない記事、いわゆる捨て記事ってやつが出るのは仕方ないと自分は思っている。

 

だって、サイトに訪れた人が全てのページなんか読むわけじゃないじゃないっすか。誰が数百ページ以上もあるサイトを隅から隅まで見るんですかって話だ。

 

 

 

仮に専門性の強いサイトだとしてもそれは同じことだ。いくらジャンルとして需要があろうとも、タイトルに惹かれなければそのページを開くことはありません。

 

 

 

例えばオレのサイトで取り扱っているナンパ関連の記事。あれを閲覧される方は若いねーちゃんと遊びたいという目的があるからこそ閲覧するのだと思う。

 

そんな人がオレのサイト内記事見て「60代以上のマダムを口説く方法」とか言う記事を発見したところで見るわけはないだろう?(んな記事はこのサイトには無いが例えとして)

 

 

 

例え自分では有用だと思う記事でも読まれない事もあります。

 

まぁそれも仕方ないかなと思う。

 

 

 

逆の立場で考えたらいくら面白い内容のサイトを見つけても流石に全部は読まないので

 

顧客目線でオレのサイトを自分で目にする機会を想定するなら、多分検索エンジン経由ですな。

 

ワード検索に興味を引かれるタイトルがあったからポチる。みたいなね。

 

 

 

まぁオレ自身それを想定していますよ。

 

誰がこんなヘンクツなオッサンが書いたサイトを隅から隅までじっくり熟読すんだって話だと思ってます。

 

 

 

捨て記事戦法も案外悪くないんじゃね?

 

確かに書いても大して集客しない記事もある。だがそう言った記事を生産するのがムダだとは言い切れない。

 

一見するとムダっぽく見えるが、一応自分の中では意味目的はある。

 

 

 

制作時間の短い記事の方が量産できる。

 

まずはクソっぽい記事を量産してみるその意味について。

 

 

 

記事には簡単に制作できるものとそうではないモノがある。

 

簡単に書けるものは30分くらいで終わるが、時間のかかるものはとことん時間がかかる。最大で10倍、20倍もの差があったりする。

 

 

 

じゃあ簡単にできるもんを10記事作っちまえばいいんじゃねぇかなと思ったわけですよ。

 

例え集客数が練り込んで作った記事の10分の1でも10倍速で作れれば元は取れる計算であるので。

 

 

 

このサイトを育てるよりもオレ自身を育てたい。

 

そして次にクソっぽい記事を量産する目的について。

 

 

 

サイトの繁栄よりもまずは自分自身の文章制作能力を身に着けたい。それが主な目的。

 

その為にはひたすら文章を書いていく他無いと思っている。

 

 

 

マシな文章を生成できるようにならなきゃアフィなんざ成り立たない。って事でサイトを繁栄させるよりも先にオレを成長させることが主な狙いである。元々文章力が達者とも言えないのでとりあえずは書く力を養いたいと思ったわけです。

 

あと、オレの文章制作能力が上昇したら記事生成時間が短縮できる。よって作業能率もそれに伴い上昇する。

 

 

 

なので仮に専門性の強いジャンルに取り組むとしても、粗末な文章しか書けない今のオレがやるのではなく、多少なり達者になった将来のオレにやって貰う方が能率はいいですね。

 

今のオレに出来る事は将来のオレの執筆能力を少しでも高い値に底上げしておくことにあると思っている。

 

 

 

とにかく執筆能力が欲しい。それが手に入れば量産、安定の両面において今よりも上のランクに行けるんじゃないかと。

 

そして実力が付けば付くほど金も手に入ると思ってる。

 

 

 

 

いい加減な内容は無いよう。

 

「どうせ誰も見ないだろうけどね」って思いながら書いている記事もあるにあるが、そんなページだって雑に作っているわけではない。

 

一応自分なりにクオリティには気を使ってる。もしかしたら誰かしらの目に触れるかもしれないのでね。

 

 

 

雑な制作になってしまう事は避けておこうと言う意思はある。

 

もしオレが書いた記事を発見した人が閲覧なさってくれた際に満足いただける様にしたい。

 

 

 

まぁその人からから見てその内容がどう写るかまでは知りませんがね。ある人にとっちゃ有用かもしれないし、ある人にとっちゃクソ内容かもしれない。

 

そればかりはオレの関与できる所ではないし、読んだ人がどう感じるかなんてのは知った事ではない。個人ブログなんぞその程度の意識でいいと思ってる。

 

 

 

そう、いい加減に作ってるわけではないが、その内容までは保障しない。あくまで書きたい様に書く。そんなスタイルでやってる。

 

 

 

 

まとめ

 

捨て記事上等にはこんな狙いがある。

 

・もしかしたら集客するかもって期待。

 

・自己鍛錬。

 

・若干のヤケクソ。

 

こんなところか。

 

まぁ捨て記事が無駄になるかどうかは正直作ってみなきゃわかりませんよ。もしかしたら今後ヒットするかもしれんし、何より後の自分のためにはなる。

 

なので作る前から無駄って言い切る様な意見には真っ向から反対ですね。確かにムダになる可能性もあるが、作らなきゃ始まりすらしない。そうだろう?

 

ナンパもそう、声をかけなきゃ分からんのですよ。やる前から無理だなんて何故分かるんだって話。それと一緒だと思ってます。

 

 

 

 

関連ページ

足が長くて得する事などほとんど無い。短足の方が幸せだぜ。
【大胸筋】が発達する事で得られる【メリット】って薄い気がする。
女のタイプ【160cmDカップ】って回答する奴は本音で言ってない。
【クソちゃん】の【唯一のいい所】が無くなってしまった。
ガチで【クレーマー】をぞんざいに扱う店があったら面白いよな。
【副流煙】って病原菌撒き散らしている様なもんじゃね?
【スト1】リュウの昇龍拳のダメージをちょっくら考察してみた。
【コンビニ】の箸と弁当の温めは客側が要求する様にした方がいい。
VRで【顔近づけてくる】作品ってなんかうっとおしくない?
若者と年寄りのすれ違いは致し方ない。分かり合う必要性皆無である。
【察してよ】【ちゃんと口にして】この二つって矛盾してない?
女の浮気の言い訳【寂しかったから】ってのが腹立たしいんだ。
友達の居ない【孤独中年】は【ブログ】で発散するのがオススメ。
【深夜時間帯】の【ラーメン店】はなるべく行かないほうがいい。
食生活は自炊と出来合いのどっちが良いのか【徹底的】に考えてみた。
タバコの【ポイ捨て】は【重犯罪】として取り締まるのが妥当。
子供に勉強をさせたい親は【なぜ勉強させたい】のかを考えようか。
【おっさんLINE】が何故オヤジ臭いのかをオッサンが説明すっぞ。
【自分が正しい】という考え方の固執を捨て去れる人類など皆無である。
【ティッシュ】を乱用しても意外と【無駄遣い】にはならない。
敬遠されがちな【和式便所】も捨てたモンじゃないと思うんだ。
授業中の居眠りって案外悪くはないので放置して問題ないと思うんだ。

メニュー